接客業としての自覚

居酒屋のアルバイトは、ホールとキッチンに大別されることは、既に学んだとおりです。そして、いづれのセクションも、いかに効率よく業務をこなすかという鉄則に近いものがあります。

 

同じ居酒屋のアルバイトなら、コツを身につけた方が、断然楽しく仕事をすることができます。ここでは、居酒屋のホールのアルバイトのコツとして、接客業としての自覚をテーマにしてお話します。

 

接客

居酒屋のアルバイトが、接客業であるのは言うまでもありません。

 

同じ業務でも、この意識を持っているかいないかだけで、接客の質を左右するのです。ということは、お客様の満足度も変わってきます。たいていのケースでは、採用されたてのスタッフは、ホールスタッフとしてお客様からオーダーを取ることからスタートします。

 

というのも、オーダーを取ることが接客業の基本であり、同時に居酒屋のアルバイトスタッフが行うべき基本的な業務だからです。

 

基本的な業務ではありますが、かと言ってバカにすることはできません。オーダーを取る際、「お客様に好感を持っていただくためには、どういう対応をすべきか」考えるのと、「どうせ自分はアルバイトだから」と考えるのとでは、成長の度合いが違うのです。

 

「居酒屋のアルバイトの本質は、接客業である」ということが心肝に染まっていれば、接客業に相応しい対応をするようになります。

 

常にお客様の目を良い意味で意識するようになるからです。こういう自覚が持てるようになれば、居酒屋のホールのアルバイトのスタート地点に立てたと言えます。

接客業としての自覚〜居酒屋のホールのアルバイトのコツ関連ページ

メニューの把握
居酒屋のホールのアルバイトのコツで「メニューの把握」について解説します。
優先順位の把握
居酒屋のホールのアルバイトのコツで「優先順位の把握」について解説します。