優先順位の把握

居酒屋のホールスタッフとしてアルバイトをすると、優先順位を把握する習慣が身につきます。

 

というのも、お客様がオーダーしたメニューによって、もしくはお客様の要望などによって、何を先に準備すれば良いのか考えるからです。

 

また、ホールのアルバイトについては、どのお客様を優先してご案内すべきなのかを、きちんと考えないといけません。例えば、どういう場合に優先順位の把握が求められるでしょうか。

 

ホールスタッフの手腕を発揮するのは、忙しい時だと言われています。比較的空いているのであれば、通常通りご案内すればよいことなので、優先順位のことをそこまで考える必要はありません。

 

しかし、忙しい時についてはどうでしょうか。場合によっては、お客様に待っていただくことにもなるでしょう。

 

こういう時に、お客様の要望を把握しておけば、どのお客様を優先的にご案内すれば良いのか、きちんと判断できます。例えば、畳の席と通常のテーブル席とあるとしましょう。
畳の席が満員でテーブル席が空席があるとします。待機中のお客様は、畳が希望だとします。この場合、お客様の希望するテーブル席が空いていないので、もし早くご案内して欲しいのであれば、畳席にご案内することになります。

 

ここでお客様に畳席でも良いか伺っておけば、このお客様をご案内するのか、他の畳席希望のお客様をご案内するのか、判断できます。

 

中には畳席で靴を脱ぐのが嫌という方も居るので、その辺りのニーズを把握しているだけで、対応がしやすいのです。

優先順位の把握〜居酒屋のホールのアルバイトのコツ関連ページ

接客業としての自覚
居酒屋のホールのアルバイトのコツで「接客業としての自覚」について解説します。
メニューの把握
居酒屋のホールのアルバイトのコツで「メニューの把握」について解説します。