メニュー作成手順の習得

居酒屋のホールのアルバイトに慣れてくると、今度はキッチンも体験することになります。

 

ただし、キッチンはホールに比べてハードであり、高いスキルが求められるため、適性の基準があります。そのため、たとえホールで素晴らしい経験を積んだとしても、キッチンの適性がないと判断されれば、キッチンを任せてもらうことはできません。

 

そのため、キッチンでのアルバイトは、多くのスタッフにとっての憧れです。

 

しかし、中には「自分は接客業が苦手だからキッチンが良い」と駄々をこねる人も居ますが、接客ができない人にキッチンが務まるはずがありません。厳しく聞こえるかもしれませんが、それだけキッチンで身につくスキルは大きいのです。

 

では、居酒屋のキッチンのアルバイトのコツについて見てみましょう。ここでは、メニュー作成手順の習得です。

 

メニュー作成は、キッチンスタッフの基本的な業務です。

 

お客様に満足していただける料理を提供する以上、いかに美味しい料理を作れるかで、その居酒屋の命運は決まるのです。美味しい料理を作るためには、メニューを作る手順を的確に把握しておかないといけません。

 

例えば、ハンバーグを作るのであれば、フライパンに油やバターを敷く前に、肉やたまねぎを使ってパテイを作る方が先です。この手順が逆になると、適温でハンバーグに火を通すことはできません。

 

手順に含まれていることでも、順番を間違ってしまえば、せっかくの美味しい料理が台無しになってしまいます。

メニュー作成手順の習得〜居酒屋のキッチンのアルバイトのコツ関連ページ

調理時間の短縮
居酒屋のキッチンのアルバイトのコツで「調理時間の短縮」について解説します。
食材の残量の把握
居酒屋のキッチンのアルバイトのコツで「食材の残量の把握」について解説します。