食材の残量の把握

居酒屋のキッチンのアルバイトとして1人前と認められるためには、単に美味しい料理を素早く作れるだけでは不十分です。美味しい料理を作ることができても、1つの店舗としての居酒屋をマネジメントするスキルとして不十分であれば、まだまだスキルアップが必要です。

 

ここで更にレベルアップしたキッチンスタッフになるコツがあります。それは、食材の残量を把握しておくことです。

 

このコツは、最初はどうしても慣れなくてもどかしく感じるかもしれませんが、慣れてくると多角的な見方が出来るようになり、キッチンのお仕事の楽しさも奥の深さも体感できるようになります。では、食材の残量把握について、詳しく見てみましょう。

 

食材が足りないと、メニュー通りのメニューを提供することができません。例えば、エビチリにレタスを乗せるとします。この場合、海老チリソースもエビもレタスも、全て在庫を満たしていないといけません。もし在庫が切れそうなら、前もってこのことを店長などに相談しておくのです。

 

そうすれば、食材を余裕持って取り寄せることができ、お客様を困らせることがありません。

 

また、エビチリと一緒にオーダーされやすいもの、例えば杏仁豆腐とか餃子とかザーサイなどの食材も在庫を切らしていないかチェックします。

 

エビチリを楽しめても、デザートの在庫を切らしてしまえば、お客様としてはデザートを堪能することができません。そうならないようにするためにも、食材の残量の把握が物を言うのです。

食材の残量の把握〜居酒屋のキッチンのアルバイトのコツ関連ページ

メニュー作成手順の習得
居酒屋のキッチンのアルバイトのコツで「メニュー作成手順の習得」について解説します。
調理時間の短縮
居酒屋のキッチンのアルバイトのコツで「調理時間の短縮」について解説します。