礼儀と言葉遣い

よくアルバイトをすると、礼儀や言葉遣いが身についたという人は居ます。とりわけ接客業のアルバイトを経験すると、このような傾向にあります。

 

接客業である以上、お客様と接することで価値を提供することになるため、自然にお客様目線で物事を考えられるようになり、その結果、礼儀も言葉遣いも身に着けることができるのです。

 

ここでは、居酒屋のアルバイトで身につく礼儀と言葉遣いについてお話します。

 

まず、礼儀からです。居酒屋の収益は、いかにお客様に楽しんでいただくかにかかっています。そうなると、お客様の入店や退店の際、「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございました」の挨拶と共に礼をするのは、極めて当然の行動になります。

 

このような行動も、居酒屋のアルバイトをしている最中は何気なく感じるかもしれませんが、お客様をおもてなすという観点から考えると、素晴らしい行動なのです。お客様に礼をすることで、礼儀が身につくのです。

 

そして、言葉遣いです。お客様と接する以上、普段友達や先輩と話す語彙ではダメということは、想像がつくことでしょう。例えば、いつもの先輩に対して、「はい、わかりました」は良いですが、お客様にはこれは使えません。

 

わかりましたはあくまでも身内で使う言葉であって、お客様に対して使うビジネスライクな言葉ではないからです。

 

それよりも、「はい、かしこまりました」とか「しばらくお待ちくださいませ」と自然に言えるようになります。

 

こういう言葉遣いは、普段から意識しているからこそ、自然に使いこなすことができるのです。

礼儀と言葉遣い〜居酒屋のアルバイトで身につくスキル関連ページ

相手を優先する気遣い
居酒屋のアルバイトで身につくスキルで「相手を優先する気遣い」について解説します。
掃除に対する考え方の変化
居酒屋のアルバイトで身につくスキルで「掃除に対する考え方の変化」について解説します。
人脈の拡大
居酒屋のアルバイトで身につくスキルで「人脈の拡大」について解説します。
料理に関する知識とスキル
居酒屋のアルバイトで身につくスキルで「料理に関する知識とスキル」について解説します。
相手の気持ちを察する能力
居酒屋のアルバイトで身につくスキルで「相手の気持ちを察する能力」について解説します。