面接での心構え

書類一式が用意できたら、次はいよいよ面接です。面接は、居酒屋のアルバイトに採用されるか否かの鍵を握っている場面でもあり、慣れていないと緊張するかもしれません。

 

しかし、居酒屋だろうが、アルバイトだろうが正社員だろうが、面接で緊張するのは、誰でも同じです。それよりも、「緊張するのは当たり前。緊張しない方がおかしい。」と良い意味で開き直ることも大切です。では、面接はどういう心構えを持って受ければ良いのでしょうか。

 

居酒屋のスタッフ

まず、あいさつも返事も明るくハキハキとしましょう。とは言っても、体育会でもなければ軍隊でもないので、声を張り上げて話す必要はありません。採用担当者が聴き取りやすい程度の声量で大丈夫です。

 

あごを上げて採用担当者の目を見て話せば、うつむき加減で話すことはなくなるので、怖くありません。明るさや元気の良さは、居酒屋で接客する上でさしつかえがなければ、まず合格です。

 

そして、解答する内容についてです。解答する際は、質問を最後まで聞いてから解答するようにします。そうすることで、「この応募者はコミュニケーションがきちんと取れる」という印象を与えることができます。

 

面接の目的は、相手を論破することでもなければ、相手の揚げ足を取って相手を打ち負かすことでもありません。あくまでもコミュニケーションが基本です。居酒屋の現場でも、お客様やスタッフとのコミュニケーションが関わってきます。

 

「聴いて聴いて話す」という心構えがあれば、コミュニケーションではOKです。

面接での心構え〜居酒屋のアルバイトへの応募関連ページ

入念な志望動機の作成
居酒屋のアルバイトへの応募で「入念な志望動機の作成」について解説します。
履歴書の作成
居酒屋のアルバイトへの応募で「履歴書の作成」について解説します。
顔写真の準備
居酒屋のアルバイトへの応募で「顔写真の準備」について解説します。