履歴書の作成

居酒屋のアルバイトに応募するための志望動機について考えたら、次は履歴書を作成してみます。

 

志望動機同様、履歴書も採用結果に大きく影響するので、決して侮ってはいけません。たとえアルバイトでも、履歴書で応募者のことを判断する点では、変わりありません。

 

では、履歴書を作成する際、どんな点に気をつければ良いでしょうか。

 

まず、履歴書の文字は丁寧に書きます。この丁寧というのは、達筆という意味ではありません。たとえ時間をかけても良いので、採用担当者から見て読みやすい字で書くことを心がけることが大切です。

 

字の上手さに自信がなくても、ここでは全く関係がありません。判断材料としては、字が上手いかどうかではなく、どれだけ丁寧に記入したかなのです。もし字を間違って書いた場合は、修正液で消すことはできません。

 

その場合は、初めから書き直しになります。誤字脱字を防ぐためにも、予め鉛筆で薄く下書きをしておくと良いでしょう。そうしれば、清書の時に誤字脱字を防ぐことができ、結果スムーズに仕上げることができます。

 

履歴書作成において、文字を丁寧に書く以外で気をつけるべきことがあります。それは、嘘の経歴を書かないことです。人間はつい自分を良く見せたいと思いがちですが、採用面接でそれをすると、かえって墓穴を掘ってしまいます。

 

採用担当者が見たいのは、過小評価でも過大評価でもない、応募者のありのままの姿なのです。なので、たとえ高校中退でも、中学卒業でも、正直に書くようにしましょう。

履歴書の作成〜居酒屋のアルバイトへの応募関連ページ

入念な志望動機の作成
居酒屋のアルバイトへの応募で「入念な志望動機の作成」について解説します。
顔写真の準備
居酒屋のアルバイトへの応募で「顔写真の準備」について解説します。
面接での心構え
居酒屋のアルバイトへの応募で「面接での心構え」について解説します。