先読みの行動

日々の居酒屋のアルバイトをこなしていると、何て忙しいんだと感じることでしょう。ここでもし、居酒屋独特の忙しさがたまらないという方は、達人になれる要素を持っていると言えます。

 

では、更に達人に近づくためには、どういう行動パターンを手に入れれば良いでしょうか。

 

達人に欠かすことのできないのが、先読みの行動です。これは、その場しのぎの行動ではなく、ニ手先三手先を考えて行動することを言います。

 

例えば、新入生歓迎シーズンの土曜日であれば、間違いなくビールが大量に注文されることでしょう。そうなると、開店前にビールを沢山冷やしておき、オーダーがあった際にいつでも冷たくて美味しいビールを提供できるのです。

 

また、仕事終わりのサラリーマンが来店したら、お酒に合うおつまみを用意するのも、先を読んだ行動です。

 

先を読むという行為は、将棋を指すことに似ています、将棋では、次の一手に気を取られるのではなく、ニ手先三手先まで当たり前に考えると言われています。

 

様々な思考をしていくことで、相手の動きに要領良く対応できるようになるからです。次の一手しか考えないと、予想以外の相手の動きに対応できません。

 

居酒屋のアルバイトでも同じです。先を読むことで、慌てずに余裕を持って業務に没頭することができるのです。先を読む行動ができるようになるためには、日ごろから先を読んで行動する訓練をすることで、真に自分のスキルになります。

 

身に着けるのはハードな分、達人として認められるようになります。

先読みの行動〜居酒屋のアルバイトの達人への道関連ページ

シフト提出におけるポイント
居酒屋のアルバイトの達人への道で「シフト提出におけるポイント」について解説します。
思考と行動のバランス
居酒屋のアルバイトの達人への道で「思考と行動のバランス」について解説します。
良好な人間関係の構築
居酒屋のアルバイトの達人への道で「良好な人間関係の構築」について解説します。