思考と行動のバランス

初めて居酒屋のアルバイトをした時は、覚えることが多すぎて、頭がパンクしてしまうかもしれません。

 

しかし、初めから全ての業務を完璧にこなせる人は居ないし、誰だって最初は未経験ですから、決して悲観的になる必要はありません。業務を覚えることでいっぱいだった人も、いつの間にか思考するように変わってきます。

 

そして、ここで疑問に感じることがあります。それは、思考と行動のバランスは、一体どれぐらいが良いのかという点です。では、思考と行動の理想的なバランスについてお話します。

 

思考と行動の占める割合としては、大体半々ぐらいで大丈夫です。というのも、居酒屋の業務は、考えて行動するの繰り返しなので、どちらかが欠けてもダメだからです。

 

思考ばかりで行動をしなければ、単なる頭でっかちの理論家になってしまいます。逆に、思考をしないで行動だけしても、お客様の要望を汲むことも、状況に応じた接客をすることもできず、全ての行動が的外れになってしまいます。

 

そう考えると、思考半分、行動半分ぐらいがバランスが良いのです。思考と行動を繰り返していくことによって、それこそ思考力に裏付けられた行動力を身に着けていくことができます。

 

居酒屋のアルバイトの達人になれれば、思考力と行動力で、後輩スタッフを指導教育することも、決して夢ではありません。

 

生半可な気持ちではなく、本気で業務にあたってきたからこそ、ここまでの成長を成し遂げることができるのです。

思考と行動のバランス〜居酒屋のアルバイトの達人への道関連ページ

シフト提出におけるポイント
居酒屋のアルバイトの達人への道で「シフト提出におけるポイント」について解説します。
良好な人間関係の構築
居酒屋のアルバイトの達人への道で「良好な人間関係の構築」について解説します。
先読みの行動
居酒屋のアルバイトの達人への道で「先読みの行動」について解説します。