シフト提出におけるポイント

居酒屋のアルバイトを始めたころは、表情も手つきも慣れない中で業務に当たってきたものの、慣れてくると、表情にも手つきにも、余裕を感じるようになります。

 

居酒屋のアルバイトは、決して楽なものではないので、慣れるまで成長できることは、賞賛に値する大変素晴らしい実績なのです。

 

上手く仕事を覚えられないという理由で辞めていく人も居る中で、ここまで続けることができたのだから、本当に立派です。そこで、居酒屋のアルバイトの達人を目指してみる方法があります。

 

では、どうすれば達人の道を極めることができるでしょうか。

 

まず欠かせないのが、シフト提出です。居酒屋の店長やリーダーなど、人をまとめる立場からすれば、忙しい時こそ人手が欲しいものです。特に金曜日の夜は、「1週間お仕事お疲れ様でした」という意味を込めて、会社の人たちと飲みにくるお客様が多いです。

 

また、卒業シーズンや入学シーズンは、新入生歓迎、もしくは卒業生のお見送りで忙しくなります。こういう時期は、少ないスタッフでは手が回らず、いつもより多めに確保しておかないとお店が回らないのです。

 

こういう時に、いやな顔一つしないでシフトに入ってくれると、お店側としては、飛び跳ねるぐらいに嬉しいものです。忙しい時は誰でも楽をしたいけど、こういう時に他人の役に立つという前提で行動する人は、あたかも仏様のように見えてしまうものです。

 

決して無理する必要はないですが、こういう時にお役に立てるのは、非常に有難いことです。

シフト提出におけるポイント〜居酒屋のアルバイト達人への道関連ページ

思考と行動のバランス
居酒屋のアルバイトの達人への道で「思考と行動のバランス」について解説します。
良好な人間関係の構築
居酒屋のアルバイトの達人への道で「良好な人間関係の構築」について解説します。
先読みの行動
居酒屋のアルバイトの達人への道で「先読みの行動」について解説します。