明るさと元気の良さ

いわゆる接客業と言われている仕事では、明るさと元気の良さを求められていることは、もはや常識です。もちろん、居酒屋のアルバイトも、接客業になるので、明るさも元気の良さも、当たり前のように求められます。

 

では、居酒屋のアルバイトにおける明るさや元気の良さとは、一体どういうものなのでしょうか。

 

一言で言えば、お客様に快適な時間を過ごしていただくための明るさであり元気の良さです。面接の際、よく「私は明るい性格だと思います」と自己アピールする人はいますが、そういう応募者の言う明るさとは、本質的な明るさでないことが往々にしてあります。

 

というのも、応募者本人は明るいと思っていても、それは単なるうるさいでしかないことが多いからです。ベラベラしゃべることは、必ずしも明るいとは言えないのです。

 

本当の意味での明るさと元気の良さについて知るためには、お客様の視点で考えてみましょう。

 

仮に2つの居酒屋があって、どちらの居酒屋の料理も同じぐらい美味しいとします。一方はスタッフの笑顔が素敵で話し方もハキハキしているが、もう一方は、あたかもお葬式のように暗い接客であるとしましょう。

 

この際、たいていの場合、間違いなく前者の居酒屋を好むことでしょう。

 

また、お客様に楽しんでいただくためにも、いらっしゃいませの一言が気合い入っている居酒屋もあります。その際、明るく元気に対応できるか否かで、仕事の出来が変わってくるのです。いらっしゃいませの挨拶も、接客であり仕事の1つだからです。

明るさと元気の良さ〜居酒屋のアルバイトへの適性関連ページ

主体的な行動力
居酒屋のアルバイトへの適性で「主体的な行動力が必要となる」という事について解説します。
マニュアルに囚われない機転
居酒屋のアルバイトへの適性で「マニュアルに囚われない機転」について解説します。
信頼に繋がる誠実と勤勉
居酒屋のアルバイトへの適性で「信頼に繋がる誠実と勤勉」について解説します。
未経験者の応募可否
居酒屋のアルバイトへの適性で「未経験者の応募可否」について解説します。
適性の有無による応募可否
居酒屋のアルバイトへの適性で「適性の有無による応募可否」について解説します。