適性の有無による応募可否

これまで居酒屋のアルバイトにおいて、どういう適性が求められるのかについてお話してきました。主体性、行動力、明るさ、元気の良さ、機転、信頼など、どれも居酒屋のアルバイトをこなしていくのに求められます。

 

これらの中で、全ての項目に当てはまっているのであれば、まさに申し分ありません。しかし、どんな分野でも完璧な人は、全くと言って良いほどいないのが現実です。

 

しかも、適性があったとしても1項目か、もしくは全く適性がないという方も居るかもしれません。では、これまでに見てきた適性が少ない、もしくは全くない場合、居酒屋のアルバイトに応募することはできないのでしょうか。

 

適性がないから、応募資格を完全に剥奪されることはありませんし、面接をお断りされることもありません。自分では不採用だろうなと思っていても、面接を受けたら採用になったというケースも良くあります。

 

アルバイトの面接結果は、あくまでも面接担当者という人間が判断するのであって、大学入試センター試験のようにコンピューターで判断されるわけではありません。

 

たとえ未経験でも、「この応募者は将来伸びる」と将来性を期待したり、「この応募者は不器用だけど業務を忠実に覚えていきそうだ」と良い点を買ってもらえれば、十分採用の可能性はあるのです。

 

たとえ適性が少ないか、もしくは全くないとしても、面接担当者からすれば、居酒屋のアルバイトに適しているかもしれません。

 

ならば、適性のことで諦めるのではなく、当たって砕けるつもりで面接に臨んでみる方が、よほど有益な経験を積むことができます。

適性の有無による応募可否〜居酒屋のアルバイトへの適性関連ページ

主体的な行動力
居酒屋のアルバイトへの適性で「主体的な行動力が必要となる」という事について解説します。
明るさと元気の良さ
居酒屋のアルバイトへの適性で「明るさと元気の良さ」について解説します。
マニュアルに囚われない機転
居酒屋のアルバイトへの適性で「マニュアルに囚われない機転」について解説します。
信頼に繋がる誠実と勤勉
居酒屋のアルバイトへの適性で「信頼に繋がる誠実と勤勉」について解説します。
未経験者の応募可否
居酒屋のアルバイトへの適性で「未経験者の応募可否」について解説します。